仕事がらパソコン購入の相談をたまに受けますが、ある程度出来そうな人にはマウスコンピュータを勧めています。

和製デルといったようなパソコンメーカーです。

ソニーや富士通、東芝と言った日本の大手メーカー製は、余分な親切というか、ガイダンスソフトやマニュアルなど、本当の初心者には要るのかもしれないものがついている代わりに、値段が高い。

そういった余計なものを省き、在庫も減らして価格を下げたのがデルで、それの日本版といった感じがマウスコンピュータ。

マウスコンピュータだからいいというよりも、本来必要のないものを省いて値段を下げ、その分いいパーツを使って、PCそのもののクオリティをアップしてくれるメーカーならいいわけです。

僕が薦めた中で、買ってよくなかったという人はいません。

ただ、マウスコンピュータの評判で検索すると、悪い思いをした人もいるかもしれません。

でもこれはどんなメーカーでもあることです。相性というものもあります。

ただ、もっとこだわりをもって探したいなら、私は、パソコンショップのオリジナルモデルをおすすめします。

こういうショップでは、静音にこだわったり、ゲーマー御用達のハイスペックだったり、もっとユーザーのニーズにあわせたディープなマシンを探せるはずです。

実は私もそういったお店で静音マシンを購入しました。スペックが上がると当然、PCは熱を発するわけで、そうなれば、風を送って冷やさねばなりませんそうすれば、音がうるさくなる。だから大きなファンを使って、遅い回転数でたくさんの風を送る。もうひとつの騒音源であるハードディスクを密封するなどの技が必要になります。そういったところまで作り込んでくれるのはやはりPCショップのマシンでしかありません。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
ブログネタ
コンピュータ に参加中!

たけしが49歳の女性と深い仲になって、奥さんと離婚するんじゃないかというニュースがでていましたが、たけしに限っては、そういうことはしないと思っていました。

今日テレビで本人が怒りのコメントをしたようです。

100億円ももっていたら、嫁さんと離婚なんかするわけないじゃねーかといっていたようです。

あの年齢までいったらもう、大丈夫なのかな。50代、60代前半とかはやばそうだけど。熟年離婚は聞くけれど、老年離婚は聞かないですね。

ただ、老年になって、伴侶をあやめたなどという物騒なニュースは聞くことがあります。

離婚ということにはならないが、積年の恨みは簡単に消せないということでしょうか。

そういう結末になるくらいなら、早めに決着を付けた方がいいのかもしれませんね。

全国各地に女性がいるという、松山千春の奥さんもそうだったけれど、たけしの奥さんにしろ、どうしてあそこまで達観できるのでしょうか。

うらやましいというのもあるが、男には決して理解できない境地なのでしょうね。

ただ、今の女性が、奥さんと別れてくれなどといったら、たけしはどうするんでしょうね。たけしの女になるくらいの女性はそんなことはいわないのかな。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
ブログネタ
芸能人の離婚、破局 に参加中!

スゴカジの30代夫が増えていると聞いて、凄いカジュアルファッションをした旦那が増加しているかと思ったが、そうではないようだ。

凄く家事をやる30代の夫が増えているのだそうだ。

それは裏を返すと、本来仕事に注ぐべきエネルギーが家庭のことに注がれているということではないだろうか。

20代はそもそも既婚者が少ないので、やはり共働きの世相を反映してのことだろう。

男が外で働いてくるのは当たり前、という考えはもうとうの昔の発想だ。

ただ、子どもを出産するのは女性ということは、これはどんなに時が経っても変わらないだろうから、共働きの女性をサポートする社会システムはますます、進化することが望まれるだろう。

自分もやってみてそうだが、家事というのは終わりがない。やろうと思えば仕事はいくらでも出てくる。

そして、料理などでもそうだが、いろいろと工夫を重ねていくうちに、面白さや効率化のコツ、こだわりなどがでてくる。

家事も立派な仕事であり、やりがいも見つけられる。スゴカジと呼ばれている男性達は、きっとそういうところに気がついているのだろうと思う。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
ブログネタ
日々の出来事 4 に参加中!

↑このページのトップヘ