仕事がらパソコン購入の相談をたまに受けますが、ある程度出来そうな人にはマウスコンピュータを勧めています。

和製デルといったようなパソコンメーカーです。

ソニーや富士通、東芝と言った日本の大手メーカー製は、余分な親切というか、ガイダンスソフトやマニュアルなど、本当の初心者には要るのかもしれないものがついている代わりに、値段が高い。

そういった余計なものを省き、在庫も減らして価格を下げたのがデルで、それの日本版といった感じがマウスコンピュータ。

マウスコンピュータだからいいというよりも、本来必要のないものを省いて値段を下げ、その分いいパーツを使って、PCそのもののクオリティをアップしてくれるメーカーならいいわけです。

僕が薦めた中で、買ってよくなかったという人はいません。

ただ、マウスコンピュータの評判で検索すると、悪い思いをした人もいるかもしれません。

でもこれはどんなメーカーでもあることです。相性というものもあります。

ただ、もっとこだわりをもって探したいなら、私は、パソコンショップのオリジナルモデルをおすすめします。

こういうショップでは、静音にこだわったり、ゲーマー御用達のハイスペックだったり、もっとユーザーのニーズにあわせたディープなマシンを探せるはずです。

実は私もそういったお店で静音マシンを購入しました。スペックが上がると当然、PCは熱を発するわけで、そうなれば、風を送って冷やさねばなりませんそうすれば、音がうるさくなる。だから大きなファンを使って、遅い回転数でたくさんの風を送る。もうひとつの騒音源であるハードディスクを密封するなどの技が必要になります。そういったところまで作り込んでくれるのはやはりPCショップのマシンでしかありません。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
ブログネタ
コンピュータ に参加中!