スゴカジの30代夫が増えていると聞いて、凄いカジュアルファッションをした旦那が増加しているかと思ったが、そうではないようだ。

凄く家事をやる30代の夫が増えているのだそうだ。

それは裏を返すと、本来仕事に注ぐべきエネルギーが家庭のことに注がれているということではないだろうか。

20代はそもそも既婚者が少ないので、やはり共働きの世相を反映してのことだろう。

男が外で働いてくるのは当たり前、という考えはもうとうの昔の発想だ。

ただ、子どもを出産するのは女性ということは、これはどんなに時が経っても変わらないだろうから、共働きの女性をサポートする社会システムはますます、進化することが望まれるだろう。

自分もやってみてそうだが、家事というのは終わりがない。やろうと思えば仕事はいくらでも出てくる。

そして、料理などでもそうだが、いろいろと工夫を重ねていくうちに、面白さや効率化のコツ、こだわりなどがでてくる。

家事も立派な仕事であり、やりがいも見つけられる。スゴカジと呼ばれている男性達は、きっとそういうところに気がついているのだろうと思う。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
ブログネタ
日々の出来事 4 に参加中!